導入事例

導入店舗様のご紹介

浅草免税店 様
会社商号 株式会社わけあり本舗
所在地 東京都 台東区
事業内容 紳士・婦人服飾雑貨、靴・鞄小売業、ホテル業、不動産仲介業
URL http://asakusa-dfs.jp/
  • 免税専門販売店 浅草免税店
  • 店舗数 : 免税店 2店舗、小売 4店舗
  • 2014年10月1日に新規で「浅草免税店」をOPEN。

導入の背景

  • 免税販売における帳票出力の効率&スピードUP
    免税販売が主となるため、購入者記録票や誓約書等、帳票の入力業務を効率化しスピードアップしたい。また、レジと離れた場所で帳票入力が可能であることが条件。
  • 消耗品と一般免税品の混在販売
    店舗内に100円SHOP・電化製品コーナー…等があり、消耗品と一般免税品の混在販売を、免税額に達しているか否かレジが自動で判断できること。
  • システム操作が安易である
    店員の9割が外国人で、簡易操作が可能なシステムである事が必須要件。
  • 導入の決め手

    消耗品と一般免税品の混在販売も、免税可能額に達したかを「BCPOS」で自動で判別できました。
    また、団体客には「BCPOS」 4台で対応し、POSと離れた場所で免税用の帳票を作成。この際に3台の内の空いている「あっと免税」を利用できるので、お客様を待たせる事なくスムーズな処理が可能になりました。
    全ての販売データをTenpovisorへ集約させて、「輸出にかかった、仕入時の消費税還付」を受ける際のデータも取得可能になりました。

    導入後の効果

    購入者記録票や誓約書等、帳票の入力業務を効率化し、スピードアップができました。
    また、レジと離れた場所で、「あっと免税」での書類作成が可能になりました。

    導入事例へ
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • PAGE TOP